薬剤師の転職活動における志望動機の考え方

履歴書と面接では志望動機が重要視されるので、しっかり考えて挑みたいものです。 しかし、志望動機は重要なポイントながらも自分で考えるのは難しいものなので、どのような志望動機が有利なのかを知っておくといいでしょう。

まず、志望動機で『企業への熱意と理解』をアピールする人がいますが、正解とは言い難いです。 企業に対する理解は新卒では必要かもしれませんが、転職活動においては採用側が求めている志望動機にはなりません。

転職活動の際は志望動機を考える前に、自分のこれまでの経験や知識を振り返り、自己分析を行うことが大切です。 企業は即戦力になる薬剤師を必要としているので、志望動機ではスキルをアピールしたほうが好印象を与えます。

近年では薬剤師免許を所持している人がハイペースで増えているので、数年前よりも求人倍率が高くなり、競争が激化しています。

薬剤師免許を持っているからといって採用される時代ではありません。 自分という人間を買ってもらわなくてはいけないので、志望動機では『自分を売り込む宣伝』に徹するべきなのです。

調剤ができる薬剤師と、免許を持っているだけで実務経験がない薬剤師のどちらのほうが必要とされているのかは、説明しなくてもわかりますよね。

以前なら免許さえ持っていれば未経験者や年齢が高い人でも転職しやすかったのですが、近年は状況が変わって一筋縄ではいきません。

中途採用は即戦力になる人材が求められる傾向にありますが、最近は薬剤師が飽和状態になりつつあるので、スキルの高い薬剤師が優先的に採用されています。

学歴・資格・免許は一生ものに違いありませんが、それだけでは安心できる時代は終わりつつあると思っていいでしょう。

転職活動は企業研究に時間をかけがちですが、視点を変えるとスムーズに転職できるかもしれません。 自己分析に躓いている方は、転職支援サイトを上手に活用することをおすすめします。

プロがキャリアコンサルティングをサポートしてくれますよ。

ページの先頭へ