OTC薬剤師の求人について

医薬品は、ドラッグストアなどで市販される薬と医者が処方する薬があります。
前者は、過去に一般用医薬品などと呼ばれましたが、2007年にOTC医薬品と
呼び方を統一しました。

OTCはOver The Counterの略で、訳すとカウンター越しのという意味になります。
薬の調剤を行わず、OTC医薬品の販売のみを行う薬剤師のことをOTC薬剤師と
呼ぶ場合があります。

OTC医薬品に深く関わるのが、セルフメディケーションの考えです。
これは、「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当て
すること」とWHOが定義している考えです。

自己管理をしっかりする、ということなので個人に対しては健康的な習慣や
薬の知識を身につく効果などが期待されます。また、日本は高齢化社会と
いう問題を抱えていることもあり、医療費の削減に繋がるとしてセルフ
メディケーションを推進する傾向があります。

そのため近年では、セルフメディケーションという言葉がメディア内、
製薬会社やドラッグストアでみられるようになったり、健康維持に対する
意識が強まっているように見受けられます。それにともなって、OTC薬剤師の求人も増えてきました。詳しくは下記をご参照ください。

このような背景から、製薬会社は新しいOTC医薬品を開発します。
そのため、ドラッグストアでは風邪薬といっても非常に多くの種類が置かれ
ていて、素人ではどれが欲しい薬なのか、店頭で選ぶことが難しくなって
きています。

そこで、頼りたいのがドラックストアの薬剤師です。OTC医薬品の販売のみ
なので、薬を調剤する薬剤師より専門性が低いと誤解する人もいるかも
しれませんがそうではありません。

症状が重症化する前に、適切なOTC医薬品を服用し体調を治すことは、
その人の薬の飲み合わせや体調、体質に合ったものでなければいけません。

OTC医薬品が多種多様になった現代では、OTC薬剤師のアドバイスはセルフ
メディケーションを意識するにあたって必要不可欠であり、その仕事は
健康を守るために責任あるものなのです。

ページの先頭へ