薬剤師の転職先(調剤薬局編)

転職先として、調剤薬局を考えている薬剤師バイトの方も多いでしょう。以前に比べると、採用倍率も高くなり、希望する条件に合致する求人先が見つからないという声も聞きますが、他の職業に比べれば、まだまだ需要は高い職種である事は変わりません。

ですが、完全な「売り手市場」だった薬剤師が、近年徐々に「買い手市場」にシフトしてきています。 原因の一つに、都市圏での薬剤師資格保有者が飽和状態になってきていることが挙げられます。

確かに、薬剤師が年間1万人以上誕生しているため、徐々に需要が落ち着いてくることは無理もありません。 又、薬剤師の就職先の中でも調剤薬局は特に人気が高いため、就職・転職は難しいと言われています。

ドラッグストアのように店舗が乱立することもありませんし、落ち着いて仕事が出来るという事が人気の理由です。 なので他の薬剤師職種に比べると競争率も高くなるわけです。

調剤薬局の薬剤師には、薬剤師資格は当然ですが、高い自己管理意識も要求されます。 整髪や爪の手入れ等もチェックされます。 ネイルアートなどは問題外です。 調剤した薬の中に異物が混入するようなことがあれば大問題になります。 それだけに衛生管理については、より高い意識が求められるのです。

ですが上記のような条件を満たしてさえいれば、調剤薬局の薬剤師も、全国的な規模で見ると、まだまだ売り手市場の傾向にあります。 特に地方においては、薬剤師の数がまだ絶対的に不足しており、ハローワークやネットでも調剤薬局薬剤師の求人が多数行なわれています。

ただ、この状態もあと数年すれば薬剤師資格保有者が完全に飽和状態となり、調剤薬局の薬剤師も完全な買い手市場になってしまう可能性は否定できません。 言い換えれば、調剤薬局に転職するタイミングとしては、まさに今が好機といえるでしょう。

転職に際しては、今注目されている薬剤師のキャリアコンサルタントを利用することをお勧めします。 薬剤師の転職に特化しており、非公開の求人情報等も豊富に保有しているので、心強い味方になってくれることでしょう。

求人情報を効率的に探す方法

正社員ではなく、パートやアルバイトでの薬剤師の仕事を探していらっしゃる方も多いのではないでしょうか? そういう方々は、求人の情報をどのような方法で見つけていらっしゃるのでしょう。

一般的に、コンビニにある求人情報誌や、新聞広告・チラシ等をベースにして求人先を探している方が多いことでしょう。 ですが、ちょっと待ってください!。 薬剤師の求人情報が、そういったメディアには意外と少ないことをご存知でしょうか。

一度、大手の求人広告誌で、東京都内の薬剤師のアルバイト、及びパートの求人情報の数を調査してみたところ、なんと3件(!?)しか見つかりませんでした。

もう一つ、ある新聞社の折込チラシの求人情報で調査した際も、50件近い医療系求人の中で、薬剤師の求人はたった4件で、パート可能のものは1件しかありませんでした。

首都東京で、こんなにも薬剤師パート・アルバイトの求人は少ないのか、と悲観的になる方もいらっしゃるかもしれませんが、心配はありません。 探すべき場所を探せば、ちゃんと薬剤師パート・アルバイトの求人は見つかるのです。 それこそが、薬剤師専門の人材紹介会社です。

一般的に人材紹介会社は正社員の紹介がメインでは、と思われるかもしれませんが、なにぶん専門性が高い薬剤師という職業に関しては、パートやアルバイトでも求人が多いのです。

ある薬剤師専門の人材紹介会社のホームページで検索してみたところ、パート限定の薬剤師の求人情報が瞬く間に数十件ヒットしてきました。 しかも、公開求人のレベルでです。

正式にホームページに会員登録しないと見られない、企業求人、非公開求人の数は、公開求人の数を遥かに上回ります。 なぜ、これほど情報の数に開きがあるのでしょう?

理由として、求人情報を公開すると応募が殺到してしまうことや、公開求人を行うことにより、ライバル企業に事業内容等が漏れるリスクがある事、そして何よりも、企業側からすると、非公開求人にかかるコストが、公開求人に比べると遥かに低いという点等が挙げられます。 利用者側から見ても利用料金等が発生しないこのシステム、是非一度試してみてはいかがでしょうか。

非正規求人の特徴とは?

他の職業に比べると、比較的離職率が低いと言われる薬剤師の世界ですが、いわゆる非正規社員(パート等)については、離職率が20%を超えており、かなり高い数値を示しています。

その理由を考察した時に、薬剤師の中の女性の比率が6割を超えていることや、薬剤師の数を年齢別で見た際に、30代に落ち込みが見られることなどの要因から、女性の薬剤師の方が、結婚や出産・育児といった人生の大きなイベントを期に休職や退職されているということが考えられます。

しかし、薬剤師パートで高いのは、離職率だけではありません。 その入職率についても20%台半ば近くであり、いうなれば、常に4〜5人に1人の割合で人材が離職し、補充されるという流動的な状態にあるのが薬剤師パートの世界なのです。

こう聞くと何か「椅子取りゲーム」を連想される方もいらっしゃるかもしれませんが、それもあながち過言ではなく、欠員が出るのを多くの方が虎視眈々と狙っており、まさに「早い者勝ち」と言って良いほど競争が激しい世界なのです。

このような厳しい環境の中で、就職活動をできるだけ優位に運ぶ為には、迅速かつ大量に、優良な求人案件を入手することが不可欠になります。 そんな時に力強い味方になってくれるのが、薬剤師専門の人材紹介会社です。

薬剤師求人に特化している為、豊富な求人案件を保有していますし、いわゆる企業求人や、非公開求人といった、一般の求人雑誌等には掲載されない求人情報も多数取り扱っているのが大きな魅力です。

また、人材紹介会社は、あくまでも求人を出す企業に対して、登録している求職者が採用された際に、成功報酬として対価を得ているため、利用する求職者に対しては、一切利用料の請求は行なわないというのも、利用者には嬉しいところです。

薬剤師パートの仕事を探されている方々、是非一度薬剤師専門の人材紹介会社のホームページを覗いてみてはいかがでしょうか。 きっと満足のいく求人情報を入手することができるでしょう。

ページの先頭へ